2017年01月08日

山交バスターミナルで凍えるの記

庄内の天地は複雑怪奇なる新情勢を生じたので、我が方は之に鑑み従来準備し来った政策は之を打切り、更に別途の政策樹立を必要とするに至りました。
(酒田発東京行きは満席だったので、山形から夜行で帰ります。)

山交バスターミナルは、駅から歩いて行けない事も無いが、数百メートル離れたところにある。
ビルの一階部分がくり貫いてあって、そこにバス停。

ビルの中に待合所的なスペースはあり、寒空の下でないだけマシだが、寝転がれない構造の硬いベンチ。
飲み物の自動販売機が一台。 テナントの営業は早々と終了。

バスの発車まで、あと30分余となったところで

「お客さま、十時になりますと閉館いたしますので。」

表に放り出される。  ベンチは有るが寒い。

一枚目が22:15

二枚目が22:28

その間に電気が消されてしまい、暗闇に近い状態でバスを待つことになる。
雨露は凌げるが、風は吹き抜ける。
私の乗った便は十時半なのでまだ良いのであるが、最終便は十一時過ぎ。
暗闇で凍えて待てと言うのか。

間借りしているならまだ仕方がないとも思えるが、ビル1棟まるごと山交のものである。

十時にはビルの中から追い出し、十時過ぎにはバス停の照明も落とし、戦時下みたいな暗がりでバスを待たせると言う山交の仕打ちには恐れ入谷の鬼子母神であったが、三列シートのバスで帰れるのは有り難い。
東北急行には感謝しかない。

ともあれ、山交は滅ぶべきであると考える次第である。


同じカテゴリー(その他)の記事画像
七曲山開運稲荷神社
同じカテゴリー(その他)の記事
 七曲山開運稲荷神社 (2017-01-08 19:48)
 旅行者を拒絶する街 (3) (2017-01-08 18:17)
 旅行者を拒絶する街 (2) (2017-01-08 18:16)
 旅行者を拒絶する街 (1) (2017-01-08 18:14)

Posted by 墨田ペトリ堂 at 20:02│Comments(0)その他
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。